上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1年以上放置していて、すいませんでした(´・ω・`)
そして、ハースストーンも1年以上放置していました。

休止前、最後にプレイしたのは…
探検同盟実装後、レノロックが出始めた頃ですね。

あの頃はレノロックにブランを入れる派と入れない派が別れていて
自分は「絶対に入れたほうがいい」と言っていましたが
懐かしいですね。
そして1年以上経って復帰してもレノロックは健在でした。

さて、リアルの諸事情もろもろあって
ハースストーンから離れていましたが
今年1月に復帰し、2月も忙しくて毎日のクエを消化するだけでしたが
ひとまず継続してプレイし続けることが出来ています。

復帰して、まず旧神とガジェッツァンを買い
カザカスとアヤをクラフトしました。
世間では「アグロが強い環境」と言われていますが
自分は主に『翡翠シャーマン』『翡翠ドルイド』『ドラゴンプリースト』
そして『レノドラゴンプリースト』を使って2月を戦ってみました。

3月に切り替わる頃になるとNerfが入り
環境が変わるかと思いきや、相変わらずアグロが多いですね。
もうしばらくしれば、新しいデッキタイプが流行り始めるだろう。
という意見もあるようですので、環境が移り変わっていくのを
楽しんでみたいと思います。

それにしても、自分は結局・・・
Asia鯖とAmerica鯖どっちつかずで中途半端な状態のままです。
やり込むなら両方という手もあるんですが
カード資産が分散してしまうのは辛いですね。
それでも、ウンゴロは両方の鯖で予約しましたがw

3月のドラゴン

さて、3月にから入って一番使っているデッキは
この『3月のドラゴン』です。
2月にほとんどアグロやってなかったのに
わざわざNerf後にウォリアー始めるあたり
物好きだな、とは思いますがw

デッキレシピとしては
2月にちょこっと使ったドラゴンデッキをベースに
『ちんけなバッカニーア』2枚を
『ブラッドセイルの略奪者』2枚に差し替えただけです。
たったこれだけですが、2月時点でのこのデッキの戦績よりも
だいぶ勝率が上がっています。

理由としては、決してこのデッキが強くなったわけではなく
メタの問題で相対的に勝ちやすい環境になったのだろうと思います。

さて、このデッキのプレイングは難しい方ではありませんが
『ブラッドセイルの略奪者』が入ったことによる
序盤のプレイングに関して、ちょっと書いてみたいと思います。

まず、マリガンですが、とにかく軽いカードを探しにいきます。
序盤用の武器は『烈火の戦斧』2枚、『ン=ゾス一等航海士』2枚
『アップグレード』1枚で計5枚入っていて、どれか1枚は欲しいですが
無理に武器を引きに行くよりは、軽いミニオンを残しましょう。
高コストのカードもそれなりに入っているので
事故ったときにどうしようとありません。

さて、悩ましいのは以下のような初手になってしまった場合です。
この初手で、1ターン目の行動として正解なのは何でしょう?
(相手の1ターン目は何も行動せずに終了だったものとします)

3月初手


まずコインを温存して『アップグレード』という選択肢。
次のターン相手に体力1のミニオンが出そうな状況ならありだと思います。
ただ、第1ターンであれば体力1のミニオンが出てくることは多いですが
それが出なかったのに第2ターンになってから
体力1のミニオンが出て来る可能性は、そう高くありません。
ましてはや相手が攻撃力1点の武器を装備しているのが見えていれば、なおさらです。
相手が体力2~3のミニオンを召喚してきた場合
『烈火の戦斧』を装備し直して殴ることになるので
『アップグレード』は1マナと手札を1枚消費して
敵ヒーローの体力を1点削るだけの効果となってしまい
とても弱いです。

次に、コインから『烈火の戦斧』を装備するパターン。
第2ターンに武器で敵を除去しつつ
5-3の『ブラッドセイルの略奪者』を出せるので、とても強いです。
ですが、この行動は、とてもリスクが高いという点に注意したいです。
コインを使ってまで装備した『烈火の戦斧』を
返しのターンの『酸性沼ウーズ』で割られると大きくテンポを失います。
そして先月よりは若干減ったとはいえ
未だにどのデッキからウーズが飛んできてもおかしくない環境です。
2ターン目のウーズは警戒しておきたいところです。
そして、仮に『烈火の戦斧』が破壊されず
2ターン目に5-3の『ブラッドセイルの略奪者』を出せたとしても
次の相手のターンには3マナ出ます。
3マナも出れば、多くのデッキでは
体力3のミニオンを除去するのは容易だということです。
そう考えると、この初手は相手がよほど手札事故を起こしていない限り
有効では無いということがわかると思います。

最後に、コインから『ブラッドセイルの略奪者』を召喚するパターン。
デッキからパッチーズが飛び出してきて、場に2-3と1-1突撃が並ぶ形となります。
手札に『烈火の戦斧』があるので、つい『ブラッドセイルの略奪者』を
強くしたくなると思いますが、かつてローグの定番2マナミニオンだった
『デファイアスの親方』を思い出してみましょう。
【2マナ2-2 コンボ:2-1召喚】
これと比べると
【2マナ2-3 1-1突撃召喚】
どうでしょう?
全く負けていないどころか
むしろ第1ターンの『コイン→ブラッドセイルの略奪者』
の方が強いケースも多いのではないでしょうか。
この状態で相手の第2ターンの行動を見てから
『烈火の戦斧』を装備すべきか判断できる。
さらに3ターン目にはアップグレードも選択肢に入る。
安定して戦える未来が見えると思います。

以上のように、新たにデッキに入った
『ブラッドセイルの略奪者』の使い方に関して
ちょっとコツが要りますが
「早めのターンで召喚するのであれば、攻撃力は2のままでも十分強い」
ということを覚えておくといいかと思います。

それでは、今日はこのへんで。
どの程度更新の時間が取れるか怪しいですが
なるべく放置しないよう頑張ってみたいと思います。


追記。
1年前にコメントをいただいていたようですが
お返事が遅くなってしまい、申し訳ありません。
レノデッキに『トワイライト・ドレイク』だけ2枚差しにすることに関してですが
当時の自分は「4ターン目にドレイクが出せれば強い」と考え
その確率を上げるために2枚入れてました。

一方でレノデッキに一種類だけ同じカードを2枚入れた場合
6ターン目、手札にレノがあってもその能力が発動出来ない確率が
およそ50%程度あるという情報を耳にしました。
「そのリスクをとってでも、2枚入れる価値のあるカードもあるんじゃないか」
というのが、当時の自分の考えでした。

さて、現在はというと「レノデッキへの同カード2枚差しは避けるべき」と考えます。
理由は、レノ50%の話ではなく『カザカス』そしてプリーストであれば『縛鎖のラザ』
という強力なカードが登場したからです。
これらは、それぞれ4ターン目、5ターン目に使うこともあり
アグロデッキへのカウンターとなり得ます。
それが発動せずに負けるケースは回避したいので
現環境でのレノデッキでは、同カードの2枚差しは控えるべきだと思います。



スポンサーサイト
第 2 Wing ウルダマンが解放された今日この頃
いかがお過ごしでしょうか?

自分はというと
ようやくラダーを回す時間が取れるようになってきたので
かなり遅いスタートを切ったところですね。
残り一週間。
サクッと上げられればよいのですが・・・

brannbronzebeard.png

さて、今週注目したいカードはこちら。
『ブラン・ブロンズビアード』です。
こいつの能力、ハッキリ言ってヤヴァイです。

例えばドラプリに入ると・・・
1マナで2/5ミニオンが、3マナで4/6が
5マナで2ドローしながら4/4のドラゴンが出てきます!
そう、ほとんどのドラゴンシナジーは雄叫びなんですよね。
シュリンクの攻撃力-4も地味に凶悪です。
攻撃力6までのミニオンをカバルでもらえることになりますからね・・・

hs70.png

同様にブランが入ったレノロックはこんな感じです。
(レジェンダリーデーモン入りと、それら無しのバージョン)
hs66.pnghs68.png

3ターン目ブランからの
4ターン目 『トワイライト・ドレイク』 が凶悪で
先行ならヘルス13、後攻ならヘルス17です!

これをダメージスペルで除去するのは困難で
上手く行けば大きなアドバンテージを取れるため
レノデッキではありますが、ドレイクだけ2枚入っています。
一方 『山の巨人』 は3ターン目ブランからの動きが出来ないので
入れていません。

他にも 『スナック売り』 や 『ヒールロボ』 の回復量が
おかしいことになりますし
爆弾を4体引き連れて出てくる 『ドクター・ブーム』 も
対戦相手を絶望させることでしょう。

そして、ブラン自信が比較的軽いカードなので
後半に使用した場合、ブランを呼んだターンのうちに
他のミニオンを召喚して、これらの雄叫びを
2回発動させてしまうことが可能であることもブランの強みです。

見かけたら真っ先に除去しなければいけないと思うのですが
まだ、あまりブランのヤヴァさが浸透していないのか
「他のミニオンの除去を優先して、ブランを残してくれたから楽に勝てた」
というケースが時々あります。

一方欠点は、レジェンダリーなので
デッキに1枚しか入れられないことだと思います。
そのため、ブラン自身を中核に据えたデッキは組みにくいのです。

とはいえ、このように既存のデッキに入れてやるだけでも
かなり凶悪なカードとなっています。
こいつのヤヴァさがバレて対策される前に
ひと暴れしてみるのも面白いのではないでしょうかヾ(´ー`)ノ
「アジア鯖ではウォーロックを積極的に使ってみよう」

パックから『ロード・ジャラクサス』を引いたときにそう考え
すぐに『マルガニス』と『ドレッドスティード』をクラフトしました。
そして、ようやく時間が取れたので
ここ数日ラダーで馬デッキを使ってみました。

結果、惨敗でランクを下げることになりました。
そのデッキがこちらになります。

hs63.png

使った印象としては、物凄くプレイングが難しかったです。
デッキ自体のポテンシャルとしては
もう少し勝てるんじゃないかと思いますが
とにかく自分の実力に見合っていない
高難易度のデッキという感触でした。

→続きを読む

10月のラダーで貰えた箱は、アメリカ&アジアともにランク10の箱でした(´・ω・`)

「毎月ランク5の箱を目指したい。ゴールデンエピック欲しい!」
というのが目標でしたが達成できなかった形になります。
原因としては・・・

①繁忙期であり、ゲームをプレイする時間が十分に取れなかった

②ハースストーンよりもバトルフィールド4のプレイを優先した
 ※HSが基本ソロなのに対し、BF4は友人とのクラン分隊なので
  誘いを断ってまでHSを優先させたくなかった

③アジア鯖でのチュートリアル、ヒーロー&ベーシックカードアンロック
 Naxx、BRMカードアンロックなどに時間がかかった

④アメリカ&アジア鯖両方の『本日のクエスト』をこなしたことで
 毎回その条件を満たすデッキを使うことになり
 結局どのデッキも使い込むことが出来なかった

⑤以上の理由につき、ラダーを上げることを目的とした
 プレイの時間が全く取れなかった

・・・という感じですね。
では、時間が取れてたらどんなデッキを使いたかったのか。
今日はその辺を少し書いてみたいと思います。


hs60.png

9月末時点での自分は
「10月はドラゴンプリーストとミッドレンジパラディンでいこう」
と考えていました。
その中でも特にドラプリが好みで、色々な調べたところ
かなり多様な亜種のあるデッキであることがわかりました。

その中でも初期に試したのが、このカバル型で
『カバルの影の僧侶』が2枚入っているので、そう呼んでいます。
ミニオン同士殴り合いで盤面を制することに強く
特に『シュリンクマイスター』と『カバルの影の僧侶』のコンボで
アタック4までのミニオンを奪うことが出来るため
『イセラ』までも奪うことができるという非常に強力なデッキです。

反面、相手の攻撃力を参照するカードが多いため
手札と相手のミニオンの攻撃力がかみ合わなかったり
大型のミニオンを多数並べてくるタイプのデッキが苦手だったり
カバルもマイスターとコンボするとなると8マナで重かったりと
戦績は安定しませんでした。


hs57.png

その次に試した「10月はこれメインでいこう」と思っていたデッキがこちらです。
カバル型をベースに『とにかく安定性重視』で調整した結果
重いカバルは居なくなりつつもマイスターは1枚残り
2枚入った『密言・痛』とのコンボで
4マナで敵の攻撃力4以下ミニオンを除去できます。
この軽さゆえ『トワイライトの守護者』や『爪のドルイド』
などの除去がだいぶ楽になりました。

また、アグロやパトロンに強い『チルモー』
対アグロから長期戦にまで幅広く強い
『ジャスティサー・トゥルーハート』が入っているのが特徴で
強化された4点回復のヒーローパワーは
対アグロでは相手が息切れするまで回復し続けることが可能で
対ミッドレンジではミニオン同士の殴りあいで
味方ミニオンを回復させることで有利なトレードができ
対コントロールでは最終的に双方デッキ切れになったとき
自分だけ回復し続けることで相手が自滅するまでの
時間を稼いで勝つこともありました。

とにかく受けが広く安定性のあるデッキでしたが
欠点はレジェンダリーが多く高ダストであることと
攻撃的なカードが少ないため盤面の優位を取っても
敵ヒーローを削りきれずに長期戦になってしまうことでしょうか。
長期戦になるとラダーを回す上での効率は落ちますし
相手に逆転のチャンスを与えてしまうこともあります。


hs58.png

そこで長期戦を回避することを目的に
防御的だった『チルモー』と『ジャスティサー・トゥルーハート』を抜き
定番の強力なカードである『シルヴァナス』と『ドクター・ブーム』
を追加タイプがこちらになります。

また『熱狂する火霊術師』を加え
「アグロとミッドレンジにしっかり勝てるデッキ」になっています。
その分、対コントロールでは分が悪いので早期決着を目指したいデッキです。


hs59.png

もうひとつ、10月になってから流行りだした
『ワンターンキル・ドラゴンプリースト』と呼ばれるデッキがこちらです。
文字通り、1ターンで敵ヒーローを殴り倒してしまう強力なコンボが特徴で
こちらが盤面の優位を取り、高体力のミニオンが攻撃に参加できる状態のときに
『神授の霊力』などのバフで体力をさらに上げてから
『内なる炎』で一気に攻撃力を上げて殴り倒すという攻撃的なデッキです。

綺麗に回ると、あっという間に勝つことが出来ますが
コンボパーツを入れるために序盤の除去カードが乏しくなっていることと
軽めのミニオンが少なめのため、ドロー運が悪いと
何も出来ずに一方的に負ける危険性を孕んでいます。

とはいえ、入っているレジェンダリーがクラフト優先順位の高いものだけで
このデッキのためだけにクラフトする必要がないという意味では
他のドラプリと比べてかなりデッキを組み易くなっていると思います。
ドラプリ初心者の方は、まずこのタイプのデッキから始めてみるのが
ダスト的な意味でいいかもしれませんね(*´ェ`*)



追伸。
最後のOTKタイプにだけ『大物ハンター』が入っていますが
これはアジア鯖で撮影したSSで、アジア鯖ではまだ
『密言・死』が入手できていないために代わりに入れているだけです。
他のドラプリに『密言・死』を入れているのに
このデッキにだけ『大物ハンター』を入れて『密言・死』を入れない理由は無いので
脳内で『密言・死』に差し替えていただけたらと思います(´・ω・`)
昨日ブリザード社から
『今後日本のプレイヤーはアジア鯖でのプレイを推奨していく』旨と
それに伴いアメリカ鯖で先行プレイしていたプレイヤーに対する保証として
『これまでに開封したパック数と同数の未開封のパック』
『NaxxとBRMが解放してあるなら、これらを』
『これまでにアリーナへ入場した回数と同数のアリーナ入場チケット』
以上が配布されました。

hs54.png

自分は計287パックが支給されました。
皆さん支給されたパック数をツイッターでつぶやいていたので
誰がどの程度カードを持っていたのかがわかりましたねw

さて、ここまでの感想ですが・・・
個人的には「鰤はだいぶ譲歩してくれたな」と感じました。
もちろん、全員が納得する解決方法など無いでしょうし
不満を挙げれば色々言いたいことはあるでしょう。
ですが、メーカー側としてはかなり踏み込んだ譲歩を
してくれたのではないかと思います。
むしろ、ここまでのパックを支給してしまうと
海外のプレイヤーから不満が出るのではと思うほどです。

それだけに、この鰤の対応に
否定的な意見が少なからず聞こえてくるのは意外です。
今回の件は、ポジティブに考えようと思えばそうできるし
ネガティブに考えようとすれば、そうもとれるという
気の持ちようなのかな、と考えています。
このあと書きますが、自分もアジア鯖でのパック開封運は悪く
アメリカ鯖と比べてかなりカード資産は劣る形になりそうです。
ですが、そうは言ってもアメリカ鯖でのカードを取り上げられたわけではないんですよね。
これまで通りアメリカ鯖で遊べる。
アジア鯖でも十分遊べるだけのカードが手に入った。
それぞれの鯖で違うカードを持っているから、鯖ごとに異なるデッキを組んで遊べる。
こう考えると遊びの幅が広がった気がしませんか?

自分は今後しばらくは両方の鯖で『本日のクエスト』をこなして
カードを集めていこうと思います。
ランク上げにこだわるよりも、そちらの方が手広く遊べて楽しそうです。
その上で、ランクは上げたくなったときに
上げる時間のある月に上げていこうと思います。
今月はバトルフィールド4を優先した結果
ランクを上げる時間が取れませんでしたしねw

hs55.jpg

それではアジア鯖での自分の引きが、いかに酷かったかという話に移りましょうw
レジェンダリーが出る確率は、およそ20パックに1枚。
今回開封したパック数から考えると、期待値はおよそ14枚でした。
しかし、実際に出たレジェンダリーは10枚で
ゴールデンレジェンダリーもなし。
ダストにせず残してもいいかな、と思えるものはこの4枚だけでした・・・。
使用頻度が高そうなレジェは一切無いですね。
『シルヴァナス』や『ラグナロス』を引けた米鯖とは大違いです(´・ω・`)

エピックの引きもあわせて考えると
アジア鯖での使用ヒーローは、まずウォーロック。
デーモン系がいい感じなので『デーモンハンドロック』や
『ドレッドスティード』デッキにもチャレンジしてみたいですね。

ハンターはフェイスからミッドレンジ
『ロック&ロード』まで幅広くいけそうです。

プリーストは、米鯖では『ドラゴンプリースト』でしたが
アジア鯖では『プリーストコントロール』系になりそうです。

ドルイドは米鯖では『コンボドルイド』でしたが
アジア鯖では『ランプドルイド』に乗り換えないとダメそうです。

それ以外のヒーローは・・・まぁ、どれも微妙な感じですけど
あと1~2ヒーロー選んでデッキを作れそうではありますね。
メイジ・パラディン・ウォリアーあたりが候補でしょうか?
魔素は14000ほどあるので、楽しみながら悩もうと思ってます(´ー`)



そんなわけで・・・
『無課金で始めるアジア鯖』シリーズは
もはや無課金と言えなくなってしまったので今回で終了です。
一番初期に無課金でどうしたらいいか・・・
という部分は書けたので、その点はよかったかな、と。

ハースストーン自体の記事は今後も書いていこうと思いますので
またお会いしましょうヾ(´ー`)ノ


PS.アメリカ鯖、アジア鯖どちらでもフレンド歓迎です。
RuneRune#1975 でプレイしていますので、よろしければどうぞ~。
プロフィール

aki

Author:aki
PCゲームを中心に、ゲームなら何でも幅広くプレイする雑食系のゲーマーです。
面白かったゲームの紹介やゲーム内での近況、攻略などを書いていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。