上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※このゲームは日本語でプレイできます

戦争を題材にしたゲームは数多くありますが
このゲームは戦争をする側の人たちではなく
ユーゴスラビア内戦に巻き込まれた一般の人の生活を描いた
内戦サバイバルゲームとなっています。

プレイヤーはセルビア人勢力と
ユーゴスラビア人民軍によって包囲されたサラエヴォにて
NATOの介入によって停戦するまで生き残ることを目指します。

理不尽な暴力に巻き込まれて傷つき、生き残るために疑心暗鬼になる中で
いかに水や食料、寝床を確保するか。
初期はまだ街中に十分な物資があるので
ガレキをあさって それらを手に入れることが出来ますが
それが枯渇し始めたとき、あなたは大きな決断を迫られるでしょう。

それは、力の弱い善人から奪うか
人を傷つけて人道支援物資を溜め込んでいる悪人から盗むか
それとも、誰も傷つけたくないからと
ゆっくり疲弊して、餓死していくのを待つかです。

これらは実際の戦争被災者への取材を元に作られており
そこで生活しているキャラクター1人1人が
何を思い、どう生活しているのか。
とてもリアルに描写されています。

そしてこのゲームをプレイした人は
それらのことを教科書やテレビ番組で見るよりも
はるかに身近なこととして体験できるでしょう。


このゲームは、サバイバルシュミレーションとしては
そこまで難易度の高い作品ではありません。
ゲームとしての出来はいいので、最初の数回はハマると思いますが
コツを掴んで効率的なプレイをし、リスクの高い行動を取らなければ
最終的には簡単過ぎて飽きてしまうでしょう。

とはいえ、いわゆる『初見殺し』は結構あって
プレイヤーはそれに遭遇したとき
「おいおい、そんなの聞いてねーよ、ふざけるな!」と、思うはずです。
ですが、それこそが戦争被災者たちが実際に体験したことなのです。
そして彼らに『二度目のプレイ』はなかったのです。

このゲームは、特定の思想を強く押し付けてくることなく
公平な立場から反戦を学ばせてくれるとても良い教材です。
中学生や高校生くらいの方に、特にプレイしてみてもらいたいです。

Steam・This War of Mineストアページ

スポンサーサイト
オススメのインディーズ・ゲーム紹介第一弾です。

今回は初回につき『インディーズ・ゲームって何?』
ということに、少し触れておこうと思います。

近年ビデオゲームは、ユーザーの目が肥え
それに応えられるものを制作しようとした結果、大作化が進み
予算も制作に携わる人数も非常に大きくなってきました。

しかし、そうなるとメーカー側としては
「1作品失敗しただけで会社が傾く」ために冒険が出来ず
手堅いシリーズものが増えてきています。

その一方で、少ない予算と人数でもアイデアと独自性で勝負し
安めの値段(だいたい¥3000以下)でリリースするゲームのことを
インディーズ・ゲームと呼ぶようになりました。

PCのインディーズ・ゲームは、まだ日本では認知度が低く
日本語版が出ていないものも多いですが
ストーリーを読ませる作品でなければ
ルールさえ理解できたら、あとは英語でも問題ないんです!

…というわけで、オススメのインディーズ・ゲームを
紹介したいと思います(*´ェ`*)


abi27.jpg


今回ご紹介するのは『Don't Starve』
サンドボックス系のサバイバルゲームで
プレイヤーは無人島にただ一人送り込まれ
そこで出来るだけ長く生き残るというゲームです。
(もっと具体的な目標と明確なゴールのある
 アドベンチャーモードもあります)

コミカルなゴシックホラー系のキャラクターがカワイイ本作ですが、難易度は本格的。
オートセーブで、死亡すると最初からやり直し。
生き残れた日数が加算されていって使用できるキャラがアンロックされては行きますが
それ以外は全てリセットされて再スタートとなるので
基本的にプレイヤーが上達することでしか生存日数を伸ばすことは出来ません。


2015-11-09_00003.jpg


そんなルール下でランダム生成される無人島に放り込まれ
飢えると徐々にヘルスが減っていって死亡。
夜や暗い場所では常に明かりを確保せねばならず
暗闇に飲まれると、闇とともにやってくるグールに襲われて死亡。
正気度が下がっていくと、かわいい動物もモンスターに見え始め
最後は幻覚に襲われて死亡。
もちろんモンスターに倒されても死亡。
冬は凍えれば死亡。
猛暑は熱中症で死亡。
そして季節ごとにボスモンスターが襲ってくることも・・・。
ですが、それを乗り切ったとき、大きな達成感を得るでしょう。

また、同作品を多人数プレイ用にした
『Don't Starve Together』もありますので
気の会う仲間と協力プレイするのも面白いでしょう。
どちらも定価で¥2000以下
セール時なら¥1000以下になったりするので
英語を敬遠せずに遊んでみて欲しいですね。
日本語の攻略ページや
日本人が解説しながらプレイしてくれている動画を見れば
十分遊べると思います。


夏秋


※『難易度は本格的』と書きましたが
それはデフォルトの設定の場合の話で
細かく難易度調整ができるようになっています。
可愛らしいキャラクターだし、やってみたいけど難易度が心配…
という方も自分にあった難易度に設定すれば楽しめはずです。

プロフィール

aki

Author:aki
PCゲームを中心に、ゲームなら何でも幅広くプレイする雑食系のゲーマーです。
面白かったゲームの紹介やゲーム内での近況、攻略などを書いていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。